« Live Tour JUKE BOX東京の感想的なあれこれ(いまさら) | トップページ | その思いにつける名前は無い。 »

2013.12.25

エイトコールのうまれた日

10年後の同じ日、同じ時間に、ヨコヒナが揃った番組がOAされているとは。さらにすばるくんも一緒。
本当に思ってもみない未来がくるものですね。
きっと、緑や黄や青や(見かける比率順)の服やらタイツやらキャリーを引いてるようなお嬢さん方は、言っても信じないだろう。
いや知ってはいても、嘘みたいと思うだろう。
10年前のきょう、千人と少ししか入らない会場でクリスマスコンサートしてたのよ。
10時半と13時開演(笑)
朝から8色Tシャツ着てはしゃぎまわってご苦労様でした、としか。


10年後にドームでクリスマスコンサートしてるだなんて、本当にほんとうに露ほども思ってなかった。
思い返せば本当に不思議な気持ち。
いや、当たり前になってしまっていることが不思議というか。

10年前はね、来年(年越してから)彼らにまた逢えるのか、正直なところ半信半疑だった。
もっと言ってしまえば、これが最後かもしれないと、皆が心で薄々思ってた。
でも、誰も言わなかった。そうなるかもしれない不安と戦いながら、言霊にならないように、口にはしなかった。
それは、ステージ上にいた彼らも同じこと。
先の約束はできなかったからしなかった。その時言えたのは、年明けにNEWSのコンサートがあることと(爆)、滝ちゃんのドリボに出ます、ということ。(まだリハとか稽古とかしてません、って言ってた)(まさかNEWSコンに楽器隊が登場するなんて話もなかった)
また来年の夏もとか、来年のクリスマスも…て発言は確かなかった気がする。
だからただ、ありがとうって。
これからも応援してください、ってそういう感じだった。

だから、この1週間のクリスマスコンサートがずっと終わらなければいいのにって始まる時から思ってた1週間だった。(私が大阪市民のごとく1週間居座っていた謎については、今考えても謎である。よく休めたなあ。まあ強固な意志をもって臨めば、案外取れるものである有給)
先のことはわからないけど、今この時を心行くまで、後悔しないように楽しみたい。楽しまねばならない。こうなんつーかうまく表現できないけど、必死感がしみじみあった。

ねえ、そこのお嬢さん。10年前そんなだったんだよ、信じられる?
(って、会場の外でも市街地でもオタオタしくしてるお嬢さん達の後ろ姿を見ていたナゴヤ)
(帰りのバスが見事なまでにほぼ専用車だったけど、会場の規模だよなあって思ったな)
(アリーナクラスの会場ならどの都市にいっても、どのルートでも必ず同類が同便にいる)

それ以前に既にジャニオタで、そのあとも10年間、相当数(爆)のコンサートやら舞台やらに出向きましたが、ひとつ最も記憶に残る、忘れられない公演を選ぶとすれば、やはりダントツで10年前のオーラス回を挙げるしかない。
私は、061229も、070805も、…あとは08夏長野だっけ?…も、行ってないから余計そうなのかもしれないけど、もしそれらに出向いていたとしても、やっぱり031225-2を挙げるだろう。

あんなにがけっぷちで、後がなくて、最後かもしれないと思いながら、それでも本当にほんとうに楽しかった。切なかった。嬉しかった。しあわせだった。
そういう気持ちを味わえることはそうは無いんじゃないかと思う。
つまり、そういう思い出を持ってるってことは、私はけっこう幸せであるよね(笑)

ステージ上から確たる言葉は言えなかったけども、それでも客席は感じとっていて。
ただひたすら、祈るように願うように、でもそれはそれとして、ただただ楽しんで。
(まあ、その空気読む感じがもっとも尊ばれるあの場で、にゅーすとえいとどっちがすきー、という発言を客席から投げかけたお嬢さんはある意味強者でもあったが)

初めてエイトコールで場内が包まれたあのとき(実際は、さざなみのように何度かコールされた回がその前にもあったらしい。けどしっかりと場内に響いたのはそのオーラスのWアンコールの後が最初)※そのあとのレコメンでヨコヒナからも初めてじゃない?という話もあったことですし。

直接的なことは何も云わなかったけど、なんというか、陳腐な言葉だけど、きもちがひとつになっている感じを味わいました。
コールに応えてでてきた8人は、ただただ、ありがとうと言い、ヒナがこのクリスマス忘れんなよ、みたいなことを言い、ヨコが「みんなの気持ちよーくわかった」と言った。何がとも、何をとも言わず。
けど「もう一度」「せめてもう少し」という必死さでの呼出しコールだったのが、その短い登場で客席が一気に満足して、彼らの去った幕に向かって拍手がおきた。
あの不思議な感覚は、不思議さと共に、今でも思い出すのです。

その気持ちを彼らもういちど思い出して欲しいとか、そういうことではないです(笑)
でも、そういう時期を経験してるということは、強みであるのかな、とは思います。弱みでもあるかもだが。

クリスマスでなくても、いつでも思い出すあの10年前のことですが、この時期は特によく思い出すのです。

ところで、あの日のレコメンを私は聞いたのだろうか。実際はいつも通り(笑)夜バスで帰路についてる時間帯なので、聞いてはいないはず。後から録音を聞かせていただいた気もするんだけど、これが、探してもみつからなかったのである(数年前に手持ちのラジオ音源はMDひっくり返してほぼMP3化したので、その時もかなり探したのだけど)。聞いてないのだろうか。あのオープニングが聞いた感で脳内再生されるんだけど(爆)。
某巨大掲示板で、書き起こしレポを読んだので、それを何度も読み返して聞いた気分になってるのだろうか。うーむ。その翌週の録音な元日は確かに聞いてるんだけど(実家で24時からは録音)。その前週の6人集合2人録音のやつはあるんだがなあ。
あの頃は文化放送というかレコメンがやさしかったなあ。

と、むやみな年寄りの長話はきりがないのでこのへんで。
クリスマスそのものには関係ないけどせんちめんたるになる時期であります。

|

« Live Tour JUKE BOX東京の感想的なあれこれ(いまさら) | トップページ | その思いにつける名前は無い。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エイトコールのうまれた日:

« Live Tour JUKE BOX東京の感想的なあれこれ(いまさら) | トップページ | その思いにつける名前は無い。 »